Stay weird!

地球最後の秘境・パプアニューギニアで国際協力!?

デジタル一眼で撮る 嬉野温泉 波佐見

f:id:ryoskeen14:20190305115708p:plain

こんにちは、やまっぺ(@yamappe_png) です。

"デジタル一眼で撮る"シリーズ第2弾。

今回は佐賀県にある嬉野温泉と焼き物で有名な長崎県の波佐見の周辺を回りました。

名代 井出ちゃんぽん 本店

長崎自動車道、武雄北方インターを降りて、車を走らせること5分。

左手に見えてくるのは、佐賀名物「井出ちゃんぽん」本店。

訪れたのはオープン間もない11時ごろ。

店の外にまでは行列はできていませんでしたが、席は8割方埋まっていました。

DSC_0244

お店に足を踏み入れるとまず、強烈な豚骨臭が鼻につく。

店の中心に厨房があり、その周りをカウンター席が囲み、テーブル席、座敷がある。店内を見渡すと、老若男女、地元客と観光客の区別なく賑わっていた。

メニューは入口すぐの厨房上部に掛けられている。チャンポンに始まり、うどん、かつ丼もある。初めてなので迷わずチャンポンをオーダーしたが、草野球帰りのお兄さん達、ジャージ姿の若者のほとんどは、カツ丼にがっついていた。きっとうまいに違いない。

DSC_0241-2

込み合っていたせいか15分ほどで着丼。

湯気を立ててツヤツヤ光る野菜と麺の山とその端にほぼ垂直に刺されたレンゲ。

絵に描いたような「美味そうなチャンポン」。

DSC_0237

こちらはノーマルなチャンポンに山盛りのキクラゲと具の中心に卵が落とされた特製チャンポン。終盤、苦しみながらなんとか完食。ごちそうさまでした。

DSC_0247

お店を出た12時前には長蛇の列。さすが佐賀名物「井出ちゃんぽん」。

泉山磁石場

昼食を終え、次の目的地に向かうために西に30分走る。

たどり着いたのは「泉山磁石場」。

駐車場に車を停め、歩いていくと、ぽっかりくり抜かれたような岩場を見ることができます。

DSC_0251

この岩場は磁器の原料が日本で初めて発見、採掘された場所なんだとか。

手前のコンクリートで舗装された通路までしか入ることはできないが、道の縁にある岩壁には実際に触ることもできる。

DSC_0273

茶色く変色してるところもあるが、内側は白い岩。

この白い岩から教科書で見たような白い磁器ができるんだと納得。

DSC_0270

ここまでしか立ち入れないのが非常に残念。

西の原

続いて向かったのは「西の原」と呼ばれる場所。

なにやら波佐見焼を生産していた製陶所をリノベーションして、複合施設として生まれ変わったらしい。

様々な雑貨屋やカフェが連なり、奥のほうには「南創庫」という波佐見焼のブランドのお店もあります。

DSC_0308

店内は基本撮影禁止なので、店内の写真はないが、敷地のいたるところで様々なアートを感じることができます。

DSC_0335

米津玄師が歌ってそうな空間。ウェ

DSC_0336

マルヒロ

続いて訪れたのは、「HASAMI」というポップでカラフルな波佐見焼で大ヒットしたマルヒロさん。

目を引くポップな食器もさることながら、注目するべきは「床」。

DSC_0365

何らかの理由で焼かれることのなかった食器が綺麗に敷き詰められている。

DSC_0364

DSC_0362

食器の上で食器を見るのはなんだか不思議な気分だった。

白山陶器

最後に訪れたのは、同じく波佐見焼のメーカー白山陶器さん。

ここのメーカーの魅力は、白を基調とした食器が多く、「使いやすくて生活の中になじむ」ことらしい。たしかに外観からもコンセプトが伝わってくる。

DSC_0384

DSC_0378

自分は、パプアに行くので、食器は必要ないので買いませんでしたが、家族は素敵な小皿や湯呑を購入。

DSC_0214

DSC_0216

オンラインショップや各地の取り扱い店舗でも買えますが、ここで買うと3割引きで買えるので非常にお得でした。

萬象閣 敷島

宿は、美肌の湯として全国に知られている嬉野温泉。

DSC_0276

お風呂にとっても力を入れている宿で、大浴場と別フロアに露天風呂、貸切風呂が6つ、さらに部屋にも露天風呂が付いていました。

DSC_0272

貸切風呂に続く道。

DSC_0416

貸切の露天風呂。

DSC_0240

部屋についていたヒノキの露天風呂。

DSC_0271

部屋の風呂から見える景色。

晴れなかったことが残念だけど、ここからの景色は曇天が一番よかったりするんじゃないかと思ったり。

DSC_0387

"なにもしないことの幸せ″を味わえる素敵なお部屋でした。

夕食は波佐見焼の食器で、おいしい料理と地酒を楽しみました。

DSC_0172

DSC_0171

DSC_0166

DSC_0175

DSC_0178

DSC_0193

阿蘇や別府、湯布院と比べるとそこまでメジャーではない嬉野温泉や波佐見ですが、

また訪れたくなる素敵な町でした!

 

おわり!